広島市キリスト教会連盟 本文へジャンプ
わたしたちは、広島市にあるプロテスタント諸教会の協力団体です。

2018年 7月17日更新

2018年7月、西日本豪雨災害について
豪雨災害で犠牲となられた方々、被災された方々の上に、主の慰めとお守りをお祈りいたします。
7月11日現在、広島市キリスト教会連盟に加盟する諸教会の建物など被害の報告は届いておりません。それでも、広島県内の教会では、敷地に土砂が流入した教会、ご自宅、職場が被災した教会員、避難所生活をしている教会員がおられる話はお聞きしています。既に被災者支援を個別に行われている教会もあるようですが、被災された教会、協力を必要とする教会がありましたら、月下美孝会長までご連絡ください。
7月11日現時点で、広島市キリスト教会連盟としての支援活動、募金の呼びかけは未定です。支援活動を行う場合には、当ホームページで紹介をいたします。被災された方々の苦しみ、悲しみに心を寄せつつ、祈りに覚えていただけますと幸いです。
7月14日(土)現在、広島宣教協力会では、呉に「キリスト教呉ボランティアセンター」を開設し、7月17日(火)より、ボランティアを受け付けることになりました。募金も開始されます。当連盟も広島宣教協力会の活動をご紹介し、連携を取らせていただくことになっています。ボランティア、ならびに募金について、詳しい情報が入り次第、ご紹介いたします。
7月15日(日)、クリスチャン新聞に「キリスト教・呉ボランティアセンター」の活動が紹介されました。

ボランティアを希望される方、募金についてご検討の方は、HP(←クリック)を御覧ください。

日本国際飢餓対策機構のHP(←クリック)でも紹介されています。
 
7月17日(火)、広島宣教協力会の「キリスト教会・広島災害対策室」のFacebookが開設されましたので、今後の情報は、こちら(←クリック)でご確認ください。




  • キリスト教には、カトリック、プロテスタントなどがあります。広島市キリスト教会連盟は、広島市近郊のプロテスタント教会の連合体です。

  • 各個教会はそれぞれ、礼拝を守り、活動していますが、広島市キリスト教会連盟として 元旦礼拝、イースター礼拝、8月6日夜「キリスト者平和の集い」を開催しています。また、1月にはカトリック教会と一致祈祷会を行っています。

  • 広島市キリスト教会連盟は広島県宗教連盟に加盟し、神道、仏教各派と共に8月6日の早朝、平和記念公園内、原爆供養塔前で合同慰霊行事を行っています。2月には広島・長崎宗教者平和会議を行い、世界平和のために祈りを共にしています。
 
  • 宗教改革500年にあたり、広島市キリスト教会連盟では、研修会で学んできた内容を記録集として本にまとめました。

  • 「宗教改革500年「争いから交わりへ」」です。残部がある限り、お分けしています。副会長の伊藤節彦先生(日本福音ルーテル広島教会、082-241-3695)へお問い合わせください。


これからの行事・集会の案内
 
2018年
8月6日(月)20:10-

チラシ
 
キリスト者平和の集い   
 今年も、平和公園の原爆供養塔前で、開催します。
 クリスチャン被爆者の証言をお聞きし、原爆の悲惨さを語り継ぎ、核兵器廃絶、戦争に反対する意思を確認します。

 <荒天時の中止などの情報は、
               このページに掲載します>
  

広島市キリスト教会連盟への問い合わせ先
    ☆ 会長: 月下美孝 日本キリスト教団広島東部教会 牧師
                 電話番号:082-261-2005
 
会費納入についての問い合わせ先
   ☆ 会計: 井上豊 日本キリスト教会 広島長束教会 牧師 
                電話番号:082-238-3459